トリキュラーは流産だけでなく体調を調整する

トリキュラーは望まない妊娠で人工流産をさせるだけでなく、女性の多くが悩んでいる生理の諸症状を調整してくれる働きもあります。トリキュラーは低用量のピルで、子宮内膜症や生理に関する辛い症状を改善し、女性本来のホルモンバランスに近づけるように成分が3段階に調整されています。排卵時は卵子が成熟して黄体ホルモン分泌が急激に増えます。そして子宮内に受精卵が着床するように環境を整えるため、体温が高温期に入ります。受精卵が着床しなかった場合、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌が減少し、子宮内膜が剥がれ落ちて生理がはじまる仕組みです。同時に体温が下がり、この時期にホルモンの急激な減少や体温の変化によって頭痛や痛み止めが必要なほどの激しい腹痛、イライラ症状が出はじめます。トリキュラーはそれぞれのホルモンの分泌量に合わせて成分が違えてあります。黄体ホルモンと卵胞ホルモンがそれぞれ少ないときは補うように、多いときには少なく配合されています。そのために月経過多などの改善にも効果があるのです。トリキュラーはホルモンバランスを整えるために、順番通りに正しく服用する必要があります。この順番を忘れないようにピルケースを利用するのも良いでしょう。トリキュラーは21から28まであり、トリキュラー21には偽薬が入っていません。21は21錠を毎日飲み続け、1週間休みをいれてからまた飲み始めることを繰り返していきます。副作用で全身のだるさや気持ちが悪いことが起こる場合もあります。早ければ30代後半から40代にはじまる「プレ更年期」の症状を改善する効果も期待されており、また10代のホルモンバランスが不安定な時期のニキビ対策としても処方されます。